TV討論会でトランプ「バイデン認知症」作戦で巻き返し狙い

公開日: 更新日:

 11月の米大統領選を控え、日本時間30日から始まった、共和党のトランプ米大統領(74)と民主党のバイデン前副大統領(77)によるテレビ討論会。直前の27日、米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)に“脱税”疑惑をすっぱ抜かれ、劣勢のトランプは計3回の討論会で巻き返しを図る。

 NYTによると、トランプは過去15年のうち10年間も所得税をチョロまかしていた。支持率に響くかと思いきや、ほぼ無傷だ。政治専門サイト「リアル・クリア・ポリティクス」を見ると、25日の各種世論調査の平均はバイデンとの差が6ポイント。疑惑発覚後の28日には5ポイント差に縮まった。

「脱税は犯罪行為に当たるので、訴追される可能性があります。しかし、共和党支持者の8割は強固なトランプ“信者”。問題視していないのでしょう」(国際ジャーナリストの堀田佳男氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  4. 4

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  5. 5

    中日エース大野雄大に残留情報 巨人垂涎もコロナで資金難

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  8. 8

    大阪維新・冨田市長の前代未聞の公私混同 都構想に大打撃

  9. 9

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  10. 10

    ロッテ澤村でメジャー争奪戦か 欲しがる球団と積まれる金

もっと見る