井上氏に求められる調整役…手堅さの裏でスキャンダル懸念

公開日: 更新日:

井上信治万博・科学技術担当相(東京25区・衆院6回)

 麻生派の待機組として念願の初入閣だが、担当が「大阪万博」というのは想定外。東京生まれのうえ選挙区も東京。「なぜ万博?」には菅首相の深謀遠慮がある。2025年開催予定の大阪万博は、松井一郎大阪市長ら日本維新の会が旗振り。自民党大阪府連と維新は犬猿の仲で、万博相は「調整役」だ。官僚出身で手堅く、適任と判断されたようだ。

「環境副大臣を3回やっています。原発汚染土の中間貯蔵施設を巡る『最後は金目でしょ』発言で批判を浴びた石原伸晃大臣の尻ぬぐいをした。3回目は丸川珠代大臣の初入閣の時で、サポート役として異例の再々任でした」(自民党関係者)

■大病院の次男

 実家は東京・御茶ノ水にある「井上眼科病院グループ」。140年近い歴史があり、現在、兄が理事長・院長を務める。両親(故人)も医者で、幼い頃から自身も医者になるつもりが、中学3年の時「将来、政治家になる」と方向転換。政界入りを目指し、東大法学部↓旧建設省(国交省)の進路を決めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  3. 3

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  4. 4

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  5. 5

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  6. 6

    中日エース大野雄大に残留情報 巨人垂涎もコロナで資金難

  7. 7

    菅内閣は個別政策のみで長期的ビジョン・社会像が見えない

  8. 8

    西武指名は“110kg大砲”渡部健人「デブ専」貫く球団の勝算

  9. 9

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  10. 10

    韓国59人死亡の衝撃 インフル予防接種がはらむ重症リスク

もっと見る