室井佑月
著者のコラム一覧
室井佑月作家

1970年、青森県生まれ。銀座ホステス、モデル、レースクイーンなどを経て97年に作家デビュー。TBS系「ひるおび!」木曜レギュラーほか各局の情報番組に出演中。著書に「ママの神様」(講談社)、「ラブ ファイアー」(集英社文庫)など。

橋本大臣が杉田氏に「適切な措置を」ほんとうに頼みますよ

公開日: 更新日:

自民党として適切な措置をするべきだと考えている』(橋本聖子・男女共同参画相)

 これは9月25日に開かれた自民党内の会議、性暴力被害者のための支援センターを全国で増設する方針などを内閣府が説明したとき、自民党の杉田水脈衆議院議員が、「女性はいくらでもウソをつけますから」と被害の虚偽申告があるみたいな発言をしたことに対しての、橋本大臣の答え。29日の閣議後会見で出てきた言葉。

 ほんとうに頼みますよ。自民党の問題に対するアンサーってさ、「党として調べる」といって終わりだったりするからな。「責任を感じる」といって、責任取らず物事の検証もせずそのままだったり。その後、どうなったか後追いをしないメディアも悪いんだけど~。

 てか、この杉田氏の発言、複数の目撃者がいるらしいけど、本人は言ってないと否定してる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  3. 3

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  4. 4

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  5. 5

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  6. 6

    中日エース大野雄大に残留情報 巨人垂涎もコロナで資金難

  7. 7

    西武指名は“110kg大砲”渡部健人「デブ専」貫く球団の勝算

  8. 8

    菅内閣は個別政策のみで長期的ビジョン・社会像が見えない

  9. 9

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  10. 10

    韓国59人死亡の衝撃 インフル予防接種がはらむ重症リスク

もっと見る