逮捕に怯えるトランプ 2600万ドル寄付&税金逃れの手口

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスで入院中のトランプ大統領は主治医によると「経過は順調」だとか。だが彼がめでたく退院できても、ある脱税をめぐる新たなスキャンダルが待ち構えている。

 トランプ氏が過去にほとんど税金を払っていなかったと米紙ニューヨーク・タイムズが報じたが、このカラクリの裏に土地に関する虚偽の申告があると英紙ガーディアン(9月29日)が報じているのだ。

 問題の土地はニューヨーク州にある436エーカー(1・764平方キロメートル)の「ドナルド・トランプ州立公園」。1998年にトランプ氏がゴルフ場を造営するために200万ドル(約2億1000万円)で買い取った土地だが、工事前に調査したところ、複数の建物からアスベストが漏れ、土壌や水質を汚染していることが判明した。これではゴルフ場を造るわけにはいかない。そこでトランプ氏が考えたのが土地をニューヨーク州に寄付する手口だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  2. 2

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  3. 3

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  4. 4

    橋下徹氏が安倍前首相にフジ番組で“辞職勧告”の衝撃!

  5. 5

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  6. 6

    安倍前首相「桜疑惑」補填費用900万円の謎 原資は機密費か

  7. 7

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  8. 8

    コロナ禍の最中に…小池都知事は退職金3500万円を得ていた

  9. 9

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  10. 10

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

もっと見る