トランプ健在強調もホワイトハウス“クラスター化”で大混乱

公開日: 更新日:

「アメリカを再び偉大にするため、現場に戻らなければいけない」

 新型コロナウイルスに感染し、入院療養中のトランプ米大統領。入院翌日の3日夜、自身のツイッターに4分間の動画を投稿し、「体調はかなり改善した」と、健在ぶりをアピールした。しかし、トランプ氏の病状を巡り、足元は大混乱に陥っている。

 トランプ氏が米ワシントン近郊のウォルター・リード米軍医療センターに入院した同日朝、医師団のショーン・コンリー医師はトランプ氏の病状について「非常に良好」と説明。発熱もなく、酸素吸入も受けていないことから、「警戒しながらも楽観している」と語った。

 ところが、この会見の直後、トランプ氏の側近であるメドウズ大統領首席補佐官が「今後48時間が非常に重要」と記者団に暴露。「完全回復の途上にいるわけではない」とも漏らしたため、医師団の説明と食い違う事態を招いてしまったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  4. 4

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  5. 5

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  6. 6

    GoTo後手後手見直し 菅政権「責任丸投げ」に知事カンカン

  7. 7

    スガ政権、東京はコロナウイルス実験のシャーレではない

  8. 8

    松坂慶子の父は最後まで結婚反対し孫を見ることもなく他界

  9. 9

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  10. 10

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

もっと見る