菅の肝いり政策 平井デジタル相はリテラシーのない世襲3世

公開日: 更新日:

平井卓也デジタル相(香川・衆院7回)

 菅政権の目玉政策「デジタル庁」。各省庁を一元化する“司令塔機能”を持たせる新しい役所の立ち上げを担当し、スポットライトを浴びている。先月30日に発足したデジタル改革関連法案準備室の室長にも指名された。過去のIT関連案件では、自民党で中心的な役割を担ってきた。「デジタルならば平井」というわけだ。

●四国のメディア王

 平井氏の実家は、香川県に本社を構える四国新聞社だ。母が社主、弟がCEOを務めている。自身は上智大英語学科を卒業後、電通に入社。6年ほどで退社し、29歳の若さで四国新聞社系列の西日本放送の社長に就任した。2000年に政界へ転身し、初当選。祖父の太郎は元郵政大臣、父の卓志は元労働大臣という3世議員だ。

「週刊文春」が四国新聞社の“手厚い応援”を報じている。18年に平井氏がIT担当相として初入閣すると、四国新聞は“大臣就任特集”と銘打って地元企業116社から協賛金約441万円を集めたという。地元企業は「断るのも角が立つし……」と本音を漏らすも、地元の大メディアには逆らえないようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  2. 2

    非ジャニオタも取り込んだSnow Man 初動90万枚突破の秘訣

  3. 3

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  4. 4

    今や芸能界をけん引「アラフィフ女性」パワーに男もかすむ

  5. 5

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  6. 6

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  7. 7

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  8. 8

    堺雅人が育メンでやっと充実オフ「半沢直樹」の“役落とし”

  9. 9

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  10. 10

    新庄剛志が「あんまり今お金ない」発言…では何を生業に?

もっと見る