コロナ感染トランプ3日ぶり退院 マスク姿で“サムズアップ”

公開日: 更新日:

 トランプ米大統領(74)が5日、新型コロナウイルス感染のため治療を受けていた首都ワシントン近郊の軍医療センターを退院した。

 2日に新型コロナの感染が判明し、同センターに入院してから丸3日。5日夕(日本時間6日午前7時半ごろ)、同センターを退院したトランプは紺色のスーツにマスク姿。支持者らに向かって右手のこぶしを軽く掲げた後、同じ右手で手すりをつかみながら、ゆっくりとした足取りで階段を下りた。

 記者から声を掛けられたものの、立ち止まって答えることはせず、サムズアップ(右手の親指を立てるジェスチャー)をして車に乗り込み、その後、大統領専用ヘリでホワイトハウスに戻った。

 トランプは退院に先立ち、ツイッターに「気分はとても良い。新型コロナを恐れるな」と投稿。大統領専属のコンリー医師は、記者団に「まだ完全に危機を脱したわけではない」との認識を示した一方、ホワイトハウスにも医療設備があるため、退院しても問題ないと説明。トランプが早期退院を判断した背景には、病状の改善に加え、残り30日を切った大統領選への危機感があるとみられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  4. 4

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  5. 5

    川口春奈「麒麟」低迷の救世主だが…NHK落胆する多忙ぶり

  6. 6

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  7. 7

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  8. 8

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

  9. 9

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  10. 10

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

もっと見る