小林節
著者のコラム一覧
小林節慶応大名誉教授

1949年生まれ。都立新宿高を経て慶大法学部卒。法学博士、弁護士。米ハーバード大法科大学院のロ客員研究員などを経て慶大教授。現在は名誉教授。「朝まで生テレビ!」などに出演。憲法、英米法の論客として知られる。14年の安保関連法制の国会審議の際、衆院憲法調査査会で「集団的自衛権の行使は違憲」と発言し、その後の国民的な反対運動の象徴的存在となる。「白熱講義! 日本国憲法改正」など著書多数。新著は竹田恒泰氏との共著「憲法の真髄」(ベスト新著)

議席の世襲は「憲法違反」政治家の家業化は階級社会だ

公開日: 更新日:

 安倍、麻生、福田らの最近の歴代首相をはじめ、自民党の有力政治家の多くがいわゆる「世襲」議員である。

「世襲議員という存在は『憲法違反』だから法律で禁止すべきである」などと言ったら、該当者たちは烈火のごとく怒る。そして、必ず次のように言い返してくる。「われわれにも参政権(被選挙権)があり、選挙で有権者(主権者国民)の信任を得ている。だから、どこが悪いのだ! われわれを『差別』するのか?」と。

 しかし、世襲議員という存在は、明らかに法の下の平等(憲法14条)に反している。つまり、彼らは「権力者」の地位に「不当に有利な条件で」就いている。彼らは選挙で当選するために不可欠な、いわゆる地盤・看板・鞄を先天的に与えられている。地盤は集票組織で、看板は家名の知名度で、鞄は政治資金である。能力と志があっても、全くの新人が選挙で当選することは、地盤・看板・鞄がないので不可能か大変な苦労である。これは、「生まれによる差別」で、明白に違憲である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  3. 3

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  6. 6

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  7. 7

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  8. 8

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  9. 9

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  10. 10

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

もっと見る