トランプ“奇行”は薬の副作用?米調査の下馬評「再選なし」

公開日: 更新日:

 米国の医療従事者がカンカンになっている。怒りの矛先は、新型コロナに感染し、入院療養中だった医療センターから3日ぶりに退院したトランプ米大統領に対してだ。

 トランプは5日、「ちょっとしたサプライズ」と称し、センター周辺に集まった支持者の前へSUVの後部座席に乗って登場。この行動について、米国内の医師らは「狂気の沙汰」などと、批判しているのだ。

 ウォルター・リード医療センターのジェームズ・フィリップ医学博士は自身のツイッターに、〈全く必要ない大統領の外出のせいで、車内にいた全員が14日間の隔離を余儀なくされる〉と投稿。〈トランプの命令によって、彼らの命が政治ショーのために危険にさらされた〉などと、怒りをあらわにした。

■「執務に戻れる状態ではない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    伊藤健太郎に映画「ブレスあの波の向こうへ」を処方したい

  4. 4

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  5. 5

    内川聖一がソフトB退団を決意した工藤監督の“塩漬け”姿勢

  6. 6

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  7. 7

    バイデンは大丈夫か? 彼はいつも戦争判断を間違えてきた

  8. 8

    「鬼滅」実写化で民放争奪戦 なぜフジに権利付与されず?

  9. 9

    ホテルの嘆き…GoToキャンペーンで日本人の醜い姿が露わに

  10. 10

    小池都知事の噴飯コロナ対策 ドヤ顔「5つの小」に批判噴出

もっと見る