適菜収
著者のコラム一覧
適菜収作家

1975年生まれ。作家。近著に「国賊論 安倍晋三と仲間たち」、「ニーチェの「アンチクリスト」を現代語訳した「キリスト教は邪教です!」、「ゲーテの警告 日本を滅ぼす『B層』の正体 」など著書40冊以上。購読者参加型メルマガ「適菜収のメールマガジン」も始動。詳細は適菜収のメールマガジンへ。

反省なしの2人のホラ吹き 日米でくすぶる「病気利用」疑惑

公開日: 更新日:

 アメリカ大統領のドナルド・トランプ新型コロナウイルスに感染し、ワシントン近郊のウォルター・リード陸軍病院に入院した。これに対し、一部で仮病説が出ている。映画監督のマイケル・ムーアは「トランプ氏は病気で同情を得られることがわかっている。病気を武器として利用することを恥とは思っていない」と発言。私は陰謀論は嫌いだし、複数の情報からトランプが感染したのは事実だと思うが、ムーアの「(トランプは)プロの嘘つき」という主張もまた事実である。

 米紙ワシントン・ポストのファクトチェックでは、今年1月の段階でトランプの嘘や疑わしい主張は1万6241回に上っている。新型コロナについては「(99%の症例は)完全に無害」「消毒液を体内に注射するのはどうか」などと支離滅裂な発言を繰り返し、大統領選の民主党候補ジョー・バイデンがマスクを着用していることを非難し続けてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

もっと見る