春名幹男
著者のコラム一覧
春名幹男国際ジャーナリスト

1946年生まれ。元共同通信特別編集委員。元名大教授。ボーン・上田賞受賞。著書に「秘密のファイル CIAの対日工作」など。

負けられないトランプ 選挙で負けても裁判で勝つ為の秘策

公開日: 更新日:

 米大統領選挙は「最終的に最高裁で決まる」とドナルド・トランプ大統領は発言した。死去した最高裁判事の補充に保守派判事を指名する直前のことだ。大統領は「政権交代はない。継続になる」とも言っている。

 選挙で勝つ自信がある候補者は決してこんなことを言わない。だが既述した通り、トランプ大統領にはどうしても負けられない理由がある。

 選挙では勝てそうにないが、裁判で勝つために、いくつかの手を打った。第1に、新郵便公社総裁に自分の陣営の人物を据えた。今年6月だ。

 新総裁ルイス・デジョイ氏は運送会社の元経営者。トランプ大統領に近く、過去4年間、大統領選挙も含めて計約200万ドル(約2億1200万円)の政治献金をしている。郵政事業の赤字削減を理由に、①超過勤務手当の廃止②仕分け機械の稼働時間短縮――を実行した。旧式の仕分け機械は廃棄するという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  8. 8

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  9. 9

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  10. 10

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

もっと見る