旭川医大学長に月40万円の“アドバイザー”報酬 市立病院で

公開日: 更新日:

 国立旭川医科大の吉田晃敏学長が近隣の滝川市立病院とアドバイザー契約を結び、月額40万円、総額で6920万円もの報酬を受け取っていたことが分かった。契約は2006年7月ごろから続き、今月になって学長からの申し出で打ち切られたという。

 同病院によると、吉田氏は「医療情報アドバイザー」として、経営に関するアドバイスを行っていた。記録では、契約後に同氏が来院したのは数回ほど。旭川医大は同病院に数人の医師を派遣している。

 契約は同病院が旭川医大を通じて依頼し、毎年更新されてきた。

 国立大学の学長は「みなし公務員」。医局員派遣など職務に密接な関係のある行為に対し、14年間で7000万円近くもの報酬を受けたら贈収賄罪が成立するとの指摘もある。今月になって急に契約を打ち切ったのは、コロナ患者受け入れを主張した同医大病院の古川博之院長を解任した問題やパワハラ騒動でメディアの注目が集まり、バレることを恐れて先手を打ったのではないかとの見方も出ている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  5. 5

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  10. 10

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

もっと見る