キャリア女性警視にセクハラ訴えられた叩き上げスゴ腕署長

公開日: 更新日:

 着任当日、氏名をさらされるとは何とも間が悪い。

 23日付で滋賀県警彦根署に着任した羽田賢一署長が、警察庁に出向していた6年前、元同僚の40代女性警視にセクハラしていたことが明らかになった。

■警視庁の同じ部署の元同僚

 羽田氏は2014年3月から2年間、県警から警察庁に転任し、女性警視と同じ部署に配属された。女性警視を「ちゃん」付けで呼んだり、「女らしくしろ」などと発言。職場や酒席などで卑猥な言動を繰り返したとして、女性警視からセクハラ被害を訴えられた。

 女性警視は15年1月に上司に「セクハラを受けている」と報告。警察庁は2月、セクハラがあったことを認定した。3月以降も、女性警視はセクハラによるストレスから頭痛や目まいを起こして抑うつ状態と診断され、仕事を休んだり、通院治療を受けた。警察庁は17年3月、精神的な不調の原因はセクハラによるものとして、公務災害と認めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る