日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

49歳男が少年買春 “タイ版FBI”が捜査に乗り出したワケ

 果たしてコトの重大さを理解しているのかどうか。タイで複数の少年を買春した疑いで現地捜査当局に逮捕された松原輝明容疑者(49=本籍・北海道)。

「松原容疑者はタイ北部のチェンマイにあるゲストハウスに1カ月ほど滞在し、拘束時には全裸の12歳と14歳の少年2人と一緒に寝ていました。過去2年間に21回タイを訪れ、そのたびに9~16歳の少年を、少なくとも10人以上買春したとみられています。タイの刑法では15歳未満の買春は最長20年の懲役刑に処せられ、松原容疑者も10年以上の実刑を食らう可能性がある」(現地メディア関係者)

 松原容疑者は容疑を認めているというが、やっていたことはとことん“ゲス”だ。タイ在住のジャーナリストがこう言う。

「松原容疑者は寺院などの周辺でお供え物を売って歩くいわゆる“ストリートチルドレン”を食い物にしていたようです。タイの外国人向けの買春の相場は、首都バンコクで7000~8000円、地方都市で4000~5000円ですが、松原容疑者は相手の少年がホームレスだと足元を見て、500円前後に買いたたいていたらしい。地元住民の間では『(松原容疑者は)いつも8~9歳の男の子を連れ歩いている』と有名だったそうです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事