日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

浜名湖バラバラ遺体事件 33歳容疑者の金銭トラブルと素性

 静岡・浜名湖のバラバラ遺体事件がようやく動きだした。静岡県警は22日、7月に遺体で見つかった京都市に住む工員の出町優人さん(32)を殺害したとして、無職の川崎竜弥容疑者(33=浜松市)を殺人と死体損壊・遺棄の容疑で逮捕した。

 川崎容疑者は7月5日ごろに数年来の知人だった出町さんを静岡県磐田市にあるアパートで刃物で刺して殺害。8日までに遺体を切断して浜名湖に捨てた疑いだ。

「出町さんは友人に『(静岡に来たら)20万円の借金を背負わされた』と話したといいます。金銭トラブルがあった可能性が高い。事件の数日前から2人は行動を共にしていて、川崎容疑者の関係先から出町さんのメガネが見つかっています」(捜査事情通)

 川崎容疑者は先月末に同じ浜名湖で遺体の一部が見つかったトラック運転手の元同僚だった須藤敦司さん(63)の遺体遺棄事件にも関わっているとみられるが、ここでもカネが絡んでいたようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事