日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

自転車窃盗のNHK静岡副局長 あの名物番組を担当していた

「忘年会の帰りに、早く家に帰りたくて盗んだ」――NHKの副局長がチャリ泥棒で捕まった。

 昨年12月に高校生の自転車(1万5000円相当)を盗んだとして22日、窃盗容疑で逮捕されたNHK静岡放送局副局長の小林達彦容疑者(53)。

 NHKでは自然や動物番組を手掛ける名物ディレクターだったという。一体どんな人物だったのか。

 北海道小樽市出身で、87年にNHKに入局。91年から番組制作局に所属し、自然班のディレクターとして世界の動物の生態を描いた「生きもの地球紀行」などを手掛けた。ロシア、中国、カナダなどの寒冷地の取材が多く、98年にはロシア最東端近くの北極海にあるウランゲリ島に。撮影終了後、引き揚げようとすると悪天候でヘリが飛べず、氷点下20~30度の島に、40日間閉じこめられたこともあったという。その後、数多くの自然番組や「アムールヒョウ」に関する本なども出版していた。静岡放送局の副局長に就いたのは2年前だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事