日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

鈴木奈々CMがヒット 「うちナビ」カリスマ社長が謎の失踪

 一体、何があったのか。不動産賃貸仲介ショップを展開している「うちナビ」の角南圭社長(37)が突然“行方不明”となり、社内が騒然としているという。

「うちナビ」本社の担当者がこう言う。

「今月上旬、社長が突然、姿を消してしまいました。連絡もつかない状態です。家族が警察に捜索願を出したかどうかは聞いておりませんが、非常に心配しております」

「うちナビ」は2007年2月創業。角南社長が自らテレビ番組に出演したり、タレントの鈴木奈々を起用した派手なCMを流し、男女問わず幅広い世代に企業イメージを浸透させてきた。

「角南社長が掲げていたのが16年の株式上場です。そのため、鈴木奈々だけでなく、磯山さやか、ヤクルトの山田哲人といった有名人を会社のホームページに載せて、知名度アップを図ってきました。昨年4月には直営店舗が20店舗まで拡大。急成長の原動力となったのが、角南社長のカリスマ性です。『社長宅合宿』と称して社員を自宅に呼び、明け方まで経営ビジョンを語り合うのが社内の恒例行事化していました」(経済ジャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事