日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

匿名投書で発覚 東映・京都撮影所長が8000万円着服の理由

 名門撮影所の所長が8000万円を着服――。こんな事件が京都で起きた。

 京都府警右京署に特別背任の容疑で捕まったのは、東映京都撮影所の元所長・竹村寧人容疑者(54)。昨年9月4日、イベント会場に飾るイラストを受注した業者に、作業人数を7人から17人に水増し請求させ、東映に約22万7000円の損害を与えた疑いだ。同社では3000万円未満の支払いは所長が決裁権を持つシステム。竹村容疑者は支払いを決裁していたため特別背任罪が適用された。

「竹村容疑者の不正行為は歴史が長く、10年以上とみられています。昨年5月、東映に匿名の投書が届き、同社は内部調査を開始。今回の事件はその間に起きたことになります。東映は昨年11月、約1000万円を着服したとして竹村容疑者を懲戒解雇。今年6月に右京署に刑事告発した。被害総額は8000万円以上とみられているが、竹村容疑者は1円も返済していません。3日午前8時すぎに逮捕されたときは覚悟を決めていたような態度でした」(京都府警担当記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事