日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

白骨遺体で発見 新橋20億円資産家女性と不可解な土地売買

 本当に「事件性」はないのか。19日に東京・新橋で見つかった女性の白骨遺体をめぐり、さまざまな臆測が飛び交っている。虎ノ門ヒルズに通じるマッカーサー道路西側の住宅敷地内で、一部白骨化した遺体で発見されたのは、この住宅に住む高橋礼子さん(60)とみられる。彼女は地元では有名な資産家だった。

 自宅がある新橋5丁目に約183平方メートルの土地を所有。自宅から歩いて約5分の新橋4丁目にも計約170平方メートルを持っていた。

「新橋の平均公示価格で換算しても、総額約18億円に上る。再開発が進むマッカーサー道路沿いは地価が急騰しています。まとまった土地は、坪単価2000万円でも買いたいという業者がいるはず。資産総額は20億円を下らないでしょう」(地元不動産業者)

■わずか3カ月の間に6社間で所有権が移転

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事