日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今度は「ルパン」 映画プロデューサーの詐欺が相次ぐ背景

 数多くのヒット作品を手掛けた有名映画プロデューサーが、またしても捕まった。

 詐欺容疑で逮捕されたのは「嫌われ松子の一生」「あずみ」「ルパン三世」などの映画製作をプロデュースした佐谷秀美容疑者(56)。

 佐谷容疑者は2010年2月、名古屋市内の電子部品製造会社の40代の社長に「20億~30億円の収益が見込める」とウソをついてヒーローものの特撮番組への共同企画の出資を持ち掛けた。そして映像化や関連グッズの商品化の権利取得の名目で、現金1500万円をだまし取ったという。

「佐谷容疑者は調べに対し『だましていない』と容疑を否認していますが、話を持っていった時点で企画はボツになっていた。それを、さも進行しているかのように見せかけていたのです。結局6年経っても映像化はされなかった。『カネは家賃や借金の返済に充てた』と言っていて、同じ会社から合わせて5000万円以上引っ張った疑いもあります」(捜査関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事