日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

200台盗み3億円荒稼ぎ…トヨタ車ばかりなぜ狙われる?

 1都5県で高級車の窃盗を繰り返していた関東のグループが14日、警視庁に逮捕された。

 捕まったのは自動車板金工の高橋喜美夫容疑者(59)ら男4人。2014年から東京や千葉、茨城、栃木でハイエースやレクサス、クラウンなどトヨタ車200台を盗み、被害総額は3億円相当に上るという。高橋容疑者は盗んだ車を自宅の庭でバラバラに解体し、他の車のパーツと組み合わせて転売していたようだ。

 日本損害保険協会が15年11月に実施した調査によると、被害車種の1位はプリウス(19.9%)、2位はハイエース(17.6%)、3位はランドクルーザー(7.4%)とランク10位以内にトヨタ車が9種入り、全体の約67.3%を占めている。

 都道府県別の自動車盗難数の推移を見ると、トヨタのお膝元である愛知県は14年(2724件)、15年(2205件)と2年連続で全国ワースト1位。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事