日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

島根女子大生殺害…死亡の猟奇犯は進学高出身のイケメン

 おぞましい事件発覚から7年が経ち、ようやく犯人が判明した。

 2009年11月、広島県北広島町の臥龍山山頂付近で島根県立大1年、平岡都さん(当時19)のバラバラ遺体が見つかった事件。島根・広島両県警合同捜査本部は20日、遺体発見の2日後に事故死した島根県益田市の矢野富栄容疑者(同33)を殺人などの疑いで書類送検した。

 今年に入り、捜査本部が過去の性犯罪事件を調べたところ、矢野容疑者の名前が浮上。矢野容疑者のデジカメに平岡さんと矢野容疑者の自宅部屋の壁、風呂場で写した画像が残っていた。平岡さんを殺害後、遺体を風呂場でバラバラにして車で運び、山中に遺棄したとみられる。

「遺体は性別が判断できないほど損傷が激しく、顔に複数の殴打痕があり、首を絞められ、かきむしった痕もあった。両胸は鋭利な刃物でえぐり取られ、腹部からは内臓の大部分が取り出されていた。左大腿骨の骨の一部が切断され、肉がそぎ落とされていた。胴体には死後、切り付けられた傷があり、一部が焼けていました」(捜査関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事