日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

女性の顔に体液…逮捕された“合気道4段男”の意外な評判

 自分の体液を女性の顔になすりつけた合気道4段の男が捕まった。20日までに暴行容疑で警視庁に逮捕されたのは、公益財団法人「合気会」の職員、徳田雅也容疑者(28=東京都杉並区)。

 徳田容疑者は11月22日未明、杉並区の路上を歩いていた20代女性に自転車で近づき、すれ違いざまに手に持っていた自分の体液を顔や髪になすりつけた疑い。
 
「徳田容疑者と女性に面識はなく、無言で犯行に及んだあと、自転車で逃走。付近の防犯カメラの映像から発覚しました。徳田容疑者は『ストレスが重なっていた』などと供述し、余罪についてもほのめかしています」(捜査事情通)

 全国に道場を展開している合気会によると、徳田容疑者は10年ほど前に本部(新宿区)の職員となり、4段(最高9段)を持っていた。合気道の指導員として、各地で子どもたちや大学の部活動などで教えていたという。ちなみに3~5段が「指導員」で、6段以上が「師範」だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事