失踪騒動から3カ月 「うちナビ」カリスマ社長は生きていた

公開日:

 昨年10月に負債総額8億円を抱えて倒産した不動産賃貸仲介業「うちナビ」。その直前に角南圭元社長(37)が突然、姿をくらまし、捜査当局も「誰かにさらわれたのか」と動向を探っていたが、無事が確認された。

 鈴木奈々など有名タレント起用したCMをバンバン流して知名度アップを図り、2016年3月期の売上高は約9億6500万円をあげていたが、内情は火の車だったようだ。

「うちナビは2016年の株式上場を掲げていましたが、それがダメになってからは完全に下り坂でした。もっと早く倒産の決断をしていれば、株主や社員に迷惑をかけることもなかったのではないかと後悔しています」(角南元社長)

 クビが回らなくなり、遺書を残して東南アジアに“高飛び”したのが昨夏。現地にいる間に失踪騒動が拡大していることに驚き、慌てて日本に戻ってきたらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る