日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

浜松・22歳息子が父殺害 理想の一家を崩壊させたある悲劇

「お父さんを金属バットで殴って殺した」

 浜松市の住宅で23日午前3時ごろ、この家に住む会社員増田圭介さん(57)が殺害された事件。40分後に自ら110番通報した、息子で無職の亮太容疑者(22)が、静岡県警浜松東署に現行犯逮捕された。

「警察官が駆け付けたところ、2階建て住宅の1階の居間で増田さんが頭から血を流してうつぶせに倒れ、死亡が確認されたそうです。頭部を複数回ブン殴られ、室内は物が散乱するなど、2人が激しく争った跡があった。そばにあった金属バットには血痕がベットリついていたといいます」(捜査事情通)

 増田さんは妻と息子3人の5人家族だが、亮太容疑者以外の兄弟2人は大学進学などで家を出ていた。

「増田さんは地元では有名なメーカーに勤めていて、がっちり体格で温厚な明るい性格でした。お祭りなど町内の行事にも積極的に参加して人望もあった。年齢的にもそろそろ自治会の役員に推薦しようという話が出ていたほどです。夫婦そろって礼儀正しく、息子さんたちもご両親同様、しっかりしていて、会えばきちんと挨拶していました」(近隣住民)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事