日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

船橋・放火で41歳男逮捕 近隣住民「一昨年の深夜にも…」

 連続放火の疑いが濃厚だ。千葉県船橋市で17件の不審火が相次いでいた事件。建造物等以外放火容疑で23日、千葉県警に逮捕された自営業の広田健太郎容疑者(41=同市前貝塚町)は、「まだ話せません」と容疑を否認しているが、深夜になるとパトロールと称し、たびたび外に出かけていたという。

 広田容疑者は今月4日午後10時ごろから翌5日午前2時35分の間、船橋市のアパートで階段や傘数本を燃やした疑い。

「これ以外にも、広田容疑者は昨年11月以降、車やオートバイなどを燃やしたとみられています。現場付近の防犯カメラに広田容疑者に似た男が写っていました。17件のうち15件は広田容疑者の自宅から半径400メートルの範囲で起き、その中には広田容疑者の自宅も含まれていた。被害総額は830万円を超える見込みです」(捜査事情通)


 広田容疑者は敷地面積220平方メートルの一戸建てに両親らと暮らしていたという。近隣住民が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事