日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

詐欺なのか…延期騒動「グルメンピック」主催会社の怪

「大がかりな詐欺なのか」――不穏な声がネット上に渦巻いている。国内最大級の食イベントをうたう「グルメンピック2017」の延期騒動。主催の大東物産(東京都中野区)が、開催1カ月前の今月17日に突然延期を発表し、参加予定の飲食店は「出店料を返せ!」とカンカンだ。

 大東物産は昨年7月ごろから参加を呼びかけ、分かっているだけで170店舗から、最低20万円の出店料を集めていた。80万円以上払った参加予定者もいるというから、“被害総額”は軽く3400万円を超える。

 確かに大東物産のHPや登記簿を見る限り、かなり怪しげだ。

 同社はHP上で「イベント」を事業の柱に掲げているが、具体的な過去の実績について何ひとつ記載がない。登記簿によると、同社は2013年に設立されたばかりで、昨年6月に就任した社長が11月に電撃辞任。10月には東京都中央区から中野区に本社を移転と、不可解な点が多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事