日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

女子高生ら30人毒牙に 35歳大手製薬社員のキモすぎる趣味

 ロリコンコスプレ買春男が御用だ。

 2014年、高2の女子(当時17歳)に現金3万円を渡し、18歳未満と知りながら買春したとして児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで会社員の松本英樹容疑者(35)が、26日までに警視庁に逮捕された。松本容疑者は「18歳という認識だった。渡した金は学費として支払った」と供述しているというが、出会い系サイトで知り合った14~18歳未満の少女およそ30人にわいせつ行為を繰り返していたとみられている。

 松本容疑者は大手製薬会社に勤務。東京メトロ秋葉原駅から徒歩2分の川沿いにある12階建て単身者用マンションの1K(家賃約9万円)に住み、その一室で変態プレーを楽しんでいた。

「22平方メートルほどの部屋にはレフ板と固定カメラが設置され、簡易スタジオ風になっていました。自ら用意したコスプレ用の高校の制服を女子高生に着せ、AVさながら固定と手持ちのカメラ2台で行為を撮影をしていたそうです。部屋には10着ほどの制服がありました。松本容疑者の供述にはウソがあって、少女は松本容疑者に17歳と伝えていた。本当の制服姿でも会っていたハズです。何のためにわざわざ違う制服に着替えさせていたのか。大学生のころから18歳未満の少女とハメ撮りしていたというから、相当なロリコンですね」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事