日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

新橋ハンマー襲撃事件 容疑者ら関係者が口閉ざす動機の闇

 謎は動機だ。昨年12月に東京・新橋で会社社長ら2人がハンマーで殴られ、現金を奪われた事件。警視庁は1日までに福岡県の自称とび職、坂本岳司(22)と小島基(21)両容疑者を強盗傷害容疑で逮捕したが、なぜか社長との関係については口を閉ざしているという。

 坂本容疑者らの逮捕容疑は昨年12月20日夕方、港区西新橋の路上で、付近の事務用品取扱会社の社長(39)と部下の男性社員(22)をゴム製のハンマーで殴り、現金約20万円が入った財布を奪った疑い。小島容疑者は容疑を認めているが、坂本容疑者は「自分は殴っていない」などと容疑を一部否認。が、これはウソだ。襲撃の一部始終を目撃した飲食店従業員は日刊ゲンダイにこう証言していた。

「丸刈りの男がハンマーで(社長の)頭をボコボコにし、(社長は)頭から血をダラダラ流していた。男性社員が駆け寄ったら、もうひとりのモヒカンの男が大声を上げて応戦しようとしていた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事