日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

チアリーダー撮り送検…“着衣女性アップ”NGの境界線は?

「ここまでやるか?」と驚いた人もいるだろう。京都府警がチアリーダーを動画撮影した男を府迷惑行為防止条例違反容疑で書類送検した。

 男は大阪府に住む50歳の会社員。昨年10月、京都市で大学野球の試合を応援していたチアリーダー部員の太ももなどを小型カメラで撮影した疑いだ。

「男はチアリーダーが応援パフォーマンスしているところを8メートルほど下からズーム撮影。カメラに上着を掛けて隠し、自分はグラウンドに視線を向けていた。チア部員が気付いたが、逃げられたため警察に相談し、男を特定して送検したのです。男はあちこちの会場に遠征し、SDカードに100本以上の動画を保存していました。スコートからのぞく太ももをアップで撮影。股間部分も映りこんでいました」(捜査事情通)

 それにしてもだ。チアリーダーはミニスカのスコートをはき、足を高く上げたりするもの。なのにその姿を撮影して罪に問われるとは面妖な話ではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事