日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

強姦致傷で逮捕 NHK早大卒エリート記者「1年で異動」の怪

「連続わいせつ犯」の疑いも持たれている。

 20代の女性宅に侵入、性的暴行を加えたとして、NHK山形放送局酒田支局の記者・弦本康孝容疑者(28)が6日、山形県警に強姦致傷と住居侵入の疑いで逮捕された。

 弦本容疑者は昨年2月23日午前5時ごろ、当時、同じ村山地方に住んでいた女性宅に押し入り、「騒いだら危害を加える」と就寝中の女性を脅迫。わいせつ行為に及んで2週間のケガを負わせたという。2人に面識はなく、女性は事件当日、山形県警に被害届を出していたという。

 逮捕まで1年かかった理由を県警に尋ねたところ、「捜査に時間がかかった。聞き込みなど、丹念に調べていった結果、逮捕につながりました」(県警広報課)。

 同地方では同じ時期に、他の女性が暴行されそうになるといった被害が出ているため、「県警はさらに余罪があるとみて捜査を進めている」(捜査事情通)という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事