日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

組長に虚偽の診断書 ヤクザと病院の切っても切れぬ深い闇

 闇は深い。京都府立医科大付属病院の虚偽診断書事件で、実刑が確定した暴力団組長に虚偽の診断書を作ったとみられる同院の外科医は、府警の任意の聴取に対し、「吉村了勇院長に指示された」などと供述。他の一部の医師も院長の関与をほのめかしているという。さらに吉村院長本人も虚偽書類を作成した疑いが浮上しているのだ。

 同院は、一昨年に恐喝罪などで懲役8年の実刑が確定した指定暴力団山口組「淡海一家」の総長、高山義友希受刑者(60)の健康状態について、収監直前に「刑務所への収監に耐えられる状態ではない」などと、虚偽の診断書を検察に提出した虚偽公文書作成などの疑いが持たれている。

「高山受刑者は3年前に、吉村院長直々の腎臓移植手術を受けていたため、検察側も病院の報告を信じていたそうです。が、実際には収監直前に高山受刑者の容体は安定していた。高山受刑者は刑の執行が停止されるとすぐに外出し、飲酒していたそうです。最近になって当時の診断書を別の医療機関に見せたところ、虚偽ということが発覚した」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事