日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

既婚隠し女性と披露宴 “不倫警察官”の処分なぜ甘いのか?

 開いた口がふさがらない。福岡県警小倉北署交通課所属の既婚の40代男性巡査部長が、未婚の女性と結婚披露宴を開こうとしたとして、9日付で減給の懲戒処分を受けていた問題。今は勤務に復帰しているというから、「警察は身内に甘い」のそしりは免れまい。

 関係者などによると、巡査部長は既婚であることを隠し、数年前からずるずると“不倫関係”を続けていたという。

「のっぴきならなくなっていたのでしょう。昨年11月に北九州市若松区の式場で結婚披露宴を開くことに。双方の親族、友人が数十人ずつ集まる予定でしたが、当日現れたのは巡査部長1人だけ。開宴直前に“新婦側”から『どういうことだ』と詰め寄られ、観念した巡査部長は『実は結婚している』と白状したそうです」(県警事情通)

 当然、披露宴は中止で式場はパニックに。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事