日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

祖父殺しの23歳男 ホスト時代の知人語る「クズだった」

「ホント、クズでした」と元同僚は言う。東京・調布市の都営アパートで、祖父の山本一夫さん(89)を殺害し、財布を盗んだ強盗殺人容疑で、2月27日、警視庁に逮捕されたとび職の山本裕也容疑者(23=同市緑ケ丘)。一夫さんの年金支給日のたびに金の無心に訪れ、ギャンブルで使い果たしていたという。

「裕也容疑者は昨年夏ごろから『頼れるのはおじいちゃんだけ』と、会うたびに2万~3万円無心していた。一夫さんが難色を示し始めると、裕也容疑者は施設にいる祖母を訪ねるように。一夫さんは(祖母に)金を渡さないように注意していたそうです。裕也容疑者は年金支給日の先月15日に一夫さんを訪ね、突っぱねられたことに逆ギレ。ハサミで顔や頭を刺して殺害したとみられています」(捜査事情通)

 裕也容疑者は一夫さんを殺害後、現金2万3000円の入った財布を盗んで逃走。2日後の17日に自分の給料9万円を口座から下ろしていたが、逮捕時(27日)の所持金は15円だった。ギャンブルで使い果たしたらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事