日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

集団準強姦 裁判で明かされた32歳研修医の“鬼畜の所業”

 卑劣な手口が明らかになってきた。東邦大医学部OBの研修医らによる集団レイプ事件で、都内に「ヤリ部屋」を借りていた船橋中央病院の研修医・上西崇被告(32)の第2回公判が3日、さいたま地裁で開かれた。

 準強姦などの罪に問われた上西被告は、追起訴分の同未遂罪について起訴内容を認めたが、とにかく手口がえげつない。

 起訴状などによると、上西被告は「パーティーをしよう」ともちかけ、東京都大田区のヤリ部屋に次々と女性を連れ込んでいた。「山手線ゲーム」などで罰ゲームと称し、自分たちはウオツカに見せかけた水を飲み、女性には酒を飲ませてベロベロに酔わせていたという。

 飲み会の最中、上西被告はLINEで「ヤレるかどうか分からない。でもヤル系でいくよ」「色(好意があるそぶり)でつないで、出来上がらせようか」などと仲間内でやりとりしていた。酒に睡眠導入剤マイスリーを加えていた疑いが持たれているが、これを混ぜると、まず「落ちる」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事