日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

温和なはずが ゴールデンレトリバーなぜ乳児にかみついた

 痛ましいとしか言いようがない。東京都八王子市北野台の住宅で9日、生後10カ月の乳児が飼い犬にかまれて死亡した事故をめぐり、ネットではあるCMが俎上に載せられている。

 警視庁南大沢署によると、9日午後4時35分ごろ、北野台の民家で生後10カ月の安田翠ちゃんが飼い犬のゴールデンレトリバー(雄4歳=体重約37キロ)にかまれた。翠ちゃんは病院に運ばれたが、2時間後に死亡を確認。

「民家は翠ちゃんの祖父母宅で、当日は翠ちゃんが保育園で熱を出したため、仕事中だった母親に代わり、祖父母が預かっていたそうです。翠ちゃんは1階リビングで、最近できるようになったハイハイをしていた。すると、祖父母の目の前で、犬が突然、翠ちゃんの頭から首のあたりにかみついた。祖母がすぐに止めたそうですが、時すでに遅し。犬は普段から1階で放し飼いだったといいます」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事