日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

千葉女児殺害の犯人なのか 昨夏にも異常なネット書き込み

〈暖かくなったら用水路に女児の死体がないか見て回ろう〉

 千葉9歳女児殺害事件で、ベトナム国籍で小学3年生のレェ・ティ・ニャット・リンちゃん(9=松戸市)の遺体が発見される前に、掲示板サイト「2ちゃんねる」上にそう書き込まれていたことが28日、分かった。

 ネット上は〈発見より早いのはやべえ〉などと騒然となっているが、実は昨年7月にも同じスレッドに、女児に対する嗜虐性をうかがわせる書き込みがされていた。

 リンちゃんは3月24日午前8時ごろ、自宅から徒歩で小学校に向かった後、行方不明になり、26日午前6時45分ごろ、自宅から約12キロ離れた我孫子市北新田の排水路脇の草むらで発見された。問題の書き込みがされた日時は、24日午後9時5分。確かに、リンちゃんの行方不明後で〈発見より早い〉。これが犯人による“秘密の暴露”ではないか、というのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事