がん騒動、盗撮逮捕…何かと話題の学芸員の“仕事と待遇”

公開日: 更新日:

「やっぱ、がんじゃね~か」――ネット上ではそんな心ない声が飛び交っている。山本地方創生相が16日の講演で、学芸員を「一番のがん」呼ばわりした問題。「(学芸員は)観光マインドがなく、一掃しないとダメ」なんて言っておきながら、翌17日には「適切ではなかった」と謝罪する羽目になった。

 ところが、間の悪いことに、謝罪した同じ日に神奈川芸術文化財団が県から無償で借りていた棟方志功の版画が、カラーコピーとすり替わっていたことが公に……。

「2014年に県立近代美術館鎌倉別館で展示された際、観覧者の『レプリカではないか』という指摘で分かりました。すり替え時期は不明、3年も“隠蔽”していたことも問題ですが、美術館には当然、学芸員がいる。内部ではなく外部の指摘で発覚したのは、いかがなものでしょう」(県庁関係者)

 さらに18日には熊本市現代美術館が、高知県の文化施設から借りた幕末の屏風絵を誤って変色させ、完全に修復できずに返却したと発表した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻“選挙買収”捜査本腰へ急展開 落選議員が検察援護

  2. 2

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  3. 3

    松方弘樹は釣りと並んで女にも入れあげて力いっぱい生きた

  4. 4

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  5. 5

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  6. 6

    元SMAPで独り勝ち キムタクが歩むジャニーズ大幹部への道

  7. 7

    落合は「絶対に当てないから大丈夫」と涼しい顔で言った

  8. 8

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  9. 9

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  10. 10

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る