• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

前市長は激怒! 山梨市長と詐欺容疑“妻”は「借金ダルマ」

 前市長は「前代未聞。即刻、辞めるべき!」と怒り心頭。それも当然で、現職市長の“妻”が詐欺容疑だ。

 知人から現金をだまし取った詐欺の疑いがあるとして、25日、警視庁に家宅捜索されたのは、山梨市の望月清賢市長(69)の元妻で「差出石材」社長のA子(61=山梨市南)。「元妻」と言っても「離婚したばかりで、望月市長や息子さんと一緒に暮らしている」(近隣住民)というから、偽装を疑われても仕方あるまい。

 望月市長は地元の県立日川高から金沢工業大を卒業後、父親が経営する差出石材に就職した。1983年から市議を3期務めた後、95年の県議選に挑戦して落選。99年に、亡くなった父親の後を継いで差出石材の社長に。02年の県議補選で初当選して社長をA子に譲り、4期途中で14年の市長選に出馬したという“たたき上げ”だ。

「望月市長は02年の県議補選の頃から、恩師などあちこちに頭を下げて選挙資金を借りまくっていました。望月市長の亡くなった母親とA子の2人が市議の自宅を訪ね、涙ながらに借金を頼み込むこともあった。その一方で差出石材の経営も悪化し、16年時点で6億円近い負債を抱えていたそうです。税金を滞納することもあった。差出石材の土地や建物はすでに差し押さえられています。地元では『借金ダルマ』なんて陰口をたたかれていますね」(地元関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  7. 7

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  8. 8

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  9. 9

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  10. 10

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

もっと見る