• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「至急連絡」は無視せよ SMS架空請求詐欺の手口と対策法

〈ネット視聴の未払いがあります。至急、ご連絡ください。ヤフーカスタマーセンター0363847687〉

 最近、日刊ゲンダイ記者の携帯電話番号宛てにショートメール(SMS)でこんな文言が送られてきた。何かの間違いでは? そう思って、記載された番号に電話してしまったらアウト。受話器の向こうから「有料動画サイトに登録があり、すでに法的手続きに移行している」と告げられるのだ。

 この時点で大抵の人はおじけづいてしまう。身に覚えがなくとも「法的手続き」なんて言われれば動揺するし、悪人たちは冷静な口調で「本日中に登録解除いただけない場合、“身辺調査”および“法的措置へ移行”させていただく」と畳み掛けてくる。

 実はコレ、最近急増しているSMSを使った架空請求詐欺だ。昨年5月ごろに始まり、東京都生活文化局の調べでは、都内の被害は昨年末時点で計165件に上る。1人当たりの平均被害額は、22万6000円だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  7. 7

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  8. 8

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

もっと見る