日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

47歳無職男が中3少女を…「未成年者誘拐」多発の背景

 まただ。都内の公立中3年の少女(14)を自宅に連れ去ったとして、新宿区東榎町の無職、村木洋容疑者(47)が14日、未成年者誘拐の疑いで警視庁に逮捕された。

 村木は2日、千代田区内のゲームセンターで、少女に「ウチに来てもいいよ。一緒にいればゲーム代とかはおごるよ」などと声をかけ、13日まで自宅に住まわせた疑い。

「少女は高校受験に悩んでいたようです。少女の家族は『行方が分からなくなった』と警察に届け出ていました」(捜査事情通)

 村木は「誘拐した覚えはない」と容疑を否認しているというが、甘い言葉で未成年者を惑わせ、保護者の元から引き離して自分の支配下に置いたら誘拐だ。それが分かっていない、または確信犯の男が最近、全国で次々と捕まっている。

 5月31日には栃木県の元中学校教諭(当時50)が、6月9日には千葉県の自称自営業の男(41)が、同21日には鹿児島県の無職男(63)が、今月5日には埼玉県の飲食店従業員(26)が、それぞれSNSで知り合うなどした女子中生や女子高生を自宅に連れ込むなどして、未成年者誘拐で“御用”になっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事