日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元ジャニーズJr.らを食い物に “社交界のプリンス”の素顔

 その熊谷容疑者、自身のサイトに貴族のような衣装で登場し、「熊谷裕樹卿」なんて名乗っているから、いろいろと心配になる。
 
 講演依頼サイトのプロフィルには、<13歳で国際交流を開始、14歳で本格的な横行(原文ママ=王侯?)貴族文化・国際政治の研究を始め、16歳で社交界デビュー。17歳で社交界のプリンスとしてVIPたちと交流、18歳以降はメディアでも話題の人物に>などとある。
 
 もっとも別のコミュニティーサイトでは、<17歳の時にレストランを起業し、18歳で横田基地の近くにブティックを開く。20歳にして念願のジュエリービジネスを始め>などと紹介されているから、まあ、推して知るべしだろう。
 
「熊谷容疑者は高校時代から目立ちたがり屋の変わり者で、同級生に相手にされず、そのせいで中退したらしい。社交界のプリンスとしてテレビ出演といっても、キワモノ扱いでした。自身のサイトにはタイの元外務大臣とのツーショット写真も載せていますが、講演会で来日した際に記念写真を撮らせてもらっただけでしょう」(在京キー局関係者)

 少年らを食い物にしていた熊谷容疑者は、新宿の高級賃貸タワーマンションで暮らしていた。社交界のプリンスならぬ、とんだ“ショタコン(男児性愛)王子”だったわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事