日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

5年で年商3倍に 摘発アニメバー“やり手オーナー”の裏手口

 調子に乗り過ぎたようだ。アニメやゲームオタクが集まる大阪・ミナミの人気アニメバーが摘発された。女性店員に違法な接客をさせたとして25日、風営法違反(無許可営業)の疑いで大阪府警南署に逮捕されたのは、経営者の中野久和容疑者(39)。

 中野容疑者は2000年、ソフトウエアの開発・販売などを手掛けるコスモメディアを設立。07年から飲食業中心のナスカグループの代表として、コスプレオタクが集まる日本橋を中心に、メイドカフェなど26店舗を経営している。常連客が言う。

「摘発された宗右衛門町のひみつの集会所『カルテット』は昼間から営業していて、アニメオタクのメイドと一緒に朝までゲームやカラオケができるのがウリ。『いもうとカフェ』はグループの中でも超人気店で、いつも常連客であふれ返っていた。グループ全体で行う女性スタッフの総選挙も人気イベントでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事