• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「グーグル」で騙す、スミッシング詐欺の見抜き方

「グーグル」と信じ込ませてカネをだまし取る――。こんな手口が詐欺容疑などで摘発された。

 警視庁に逮捕されたのは東京・豊島区の会社役員・佐藤真(35)ら2人。岩手県に住む40代の公務員男性のスマホに「お客様の端末からウイルスを確認いたしました。無料削除をお勧めします」とショートメールを送り、男性を偽サイトに誘導。偽サイトはグーグルのロゴを配置したデザインで、ウイルス対策ソフトを9800円で販売していた。

「佐藤は男性にソフト購入の申し込みをさせてクレジット情報を入手。同時にオークションサイトに自分で出品したネックレスを自分で落札し、その際に男性が落札したことにして口座からソフトと同額のカネを引き落としたのです。ITの大企業・グーグルなら信用できるという消費者心理につけ込み、2回にわたって2万8800円をだまし取った。被害者は全国で1000人、被害総額は2000万円とみられています」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事