• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大阪援デリ経営者逮捕 「事前講習」と称し自ら少女を味見

 小学生にしか見えない、あどけない顔をした14歳の少女を「JS」(女子小学生)と呼び、8万円で売春させていたゲス野郎が捕まった。

 13~16歳の女子中高生らに援助交際をさせたとして、大阪府警少年課は25日、児童福祉法違反の疑いで住所不定、無職の井隼佳津巳容疑者(40)を逮捕、送検。また、職業安定法違反(有害業務の紹介)の疑いで、スカウト役の無職の少女A(16)を逮捕した。

 井隼容疑者は昨年9月~今年1月にかけ、経営する援デリ(援助交際デリバリーヘルス)で雇った少女ら8人を出会い系サイトで集めた男性客に引き合わせ、売春させた疑い。

「井隼容疑者とAはもともと出会い系サイトで知り合い、井隼容疑者が『おまえもスカウトせえや』と誘った。Aは出会い系サイトで、お金を欲しがっていそうな少女をピックアップ。たわいのない会話をしながら、少女たちに『今日は4万円稼いだ』とか、『ウチが行っているのは会員制の高級店やから、安心やで』と言って、売春するようにそそのかした」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事