• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今津駐屯地で女児遺体遺棄 女性自衛官の気になる“お相手”

 妊娠がバレたら、困る事情でもあったのか。

 出産したばかりの女児の遺体を陸上自衛隊駐屯地の隊舎居室に遺棄したとして、滋賀県警は1日、死体遺棄容疑で、母親の陸上自衛官、田村榛菜容疑者(23=滋賀県高島市)を逮捕した。

 田村容疑者は7月27日午前6時半ごろ、勤務先の高島市今津町の陸自今津駐屯地隊舎内の自室に、出産した女児の遺体を放置、遺棄した疑い。

 同日午後2時ごろ、隊員の事件・事故を扱う警務隊から県警高島署に、「女性隊員が赤ちゃんを出産したが、すでに死んでいるようだ」という通報があった。遺体が遺棄されていたのは女性隊員4人が居住する一室で、部屋にはそれぞれベッドとロッカー、机が置かれていた。

「その日、田村は容疑者体調不良のため、勤務を休んでいました。『何かおかしいなぁ』と、田村容疑者の様子を不審に思った同僚の女性隊員が部屋に戻ったところ、新聞紙にくるまれた全裸の女児が隠してある状態で見つかった。すぐに上司に報告し、警務隊を通じて届け出たそうです」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事