日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

積水ハウスが63億円被害 不動産業者明かす“地面師”の手口

 大手住宅メーカーの積水ハウスは2日、分譲マンション建設用地の購入代金として63億円を支払いながら、土地の所有権移転登記ができなかったと発表。警視庁は「地面師」の被害に遭った可能性が高いとみて、詐欺事件で捜査を開始した。

 取引は同社と契約している不動産会社「IKUTAホールディングス」が、都内の土地所有者を名乗る女から2000平方メートルの不動産を購入し、積水ハウスに転売する「中間省略登記」という形式で行われた。積水ハウスが6月1日、購入代金70億円のうち63億円を支払った。しかし法務局に所有権移転の登記申請をしたところ、女が提出したパスポートなどの偽造が発覚、同月9日、登記申請が拒否され、女と連絡が取れなくなったという。

 物件はJR五反田駅から徒歩3分、緑に囲まれた一角にある、旅館「海喜館」。まるで「お化け屋敷」のように朽ち果てている。登記簿によれば1975年にAさんが相続し、数年前まで営業していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事