日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大手町女性刺傷 元彼ストーカーが殺人未遂に至る一部始終

 ストーカー男が厄介なのは、日本もミャンマーも変わらない。東京・大手町の路上でミャンマー国籍の女性Aさん(26)が刺傷した事件。7日、警視庁に殺人未遂容疑で逮捕された同国籍の留学生、ニェン・チャン・アウン容疑者(28=東京都豊島区巣鴨)の粘着ぶりには、寒気がする。

 ニェン容疑者は7日午前6時45分ごろ、千代田区大手町1丁目の路上で、Aさんの背中など3カ所を包丁のような刃物で刺し、1カ月の重傷を負わせた疑い。
 
「Aさんは現場近くのオフィスビルで清掃のアルバイトをしていて、同僚の女性らと出勤途中に、待ち伏せしていたニェン容疑者に襲われた。現場には血だまりがいくつもでき、Aさんは一時意識不明になるほどの重傷を負いました」(捜査事情通)

 関係者によると、ニェン容疑者とAさんは、まだミャンマーにいた2012年4月に知り合い、同じ年の9月から交際をスタートさせた。ニェン容疑者は14年7月に留学で来日。その頃はまだ交際も順調だったようで、Aさんの方が後を追うように翌15年7月に来日したという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事