• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

女子高生に性的暴行 逮捕された“ご当地アイドル”Pの地顔

「アイドルを目指す熊本の子に、チャンスをつくろう」

 6年前、地元紙のインタビューで「熊本アイドルプロジェクト」を立ち上げた理由について、熱く語っていた芸能プロダクションの社長が、“商品”の女子高生に手を出して捕まった。

 女子高生のAさん(16)に酒を飲ませ、酩酊させたうえ、抵抗できない状態で性的暴行を加えたとして、13日、熊本県警に準強制性交などの疑いで逮捕されたイベント企画会社経営者の塚本伸也容疑者(30)。

 塚本容疑者は今年4月、イベントを通じてAさんと知り合った。Aさんは熊本県外に住んでいて、塚本容疑者に誘われ、前夜の12日に熊本市内で開催されたイベントに参加。

「夕食後、塚本容疑者から『これからの活動について話がある』と近くの居酒屋に呼び出され、酒を飲まされた。そして午前2時ごろ、Aさんが宿泊するホテルの部屋に連れ込まれた。すでにAさんは酔い潰れ、記憶がない状態。気づいた時にはベッドに寝ていて横に塚本容疑者がいた。慌てて部屋を飛び出し、近くにいた人に助けを求めたそうです」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事