• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「日本人的」の指摘も 相次ぐ“体液ぶっかけ犯”の深層心理

「女性のお尻が好きだった」という。自分の体液を女性にかけたとして、12日、警視庁に暴行容疑で逮捕された神奈川県横浜市の会社員、宇賀神豊容疑者(43)。

 宇賀神容疑者は2月7日の夜8時ごろ、町田駅近くの商業ビル昇りエスカレーターで、25歳の女性の背後に立ち、コンドームに入れて用意していた自分の体液を女性の尻にかけた疑い。異変に気付いた女性に問いただされ、宇賀神容疑者は走って逃げたというが、防犯カメラの映像などからお縄になった。

「宇賀神容疑者は県営団地住まいで、スーパーに勤めていた。仕事や家庭のストレスがたまっており、今年に入って7、8回やったと話しています。“尻フェチ”で、好みの女性を探してかけていたようです」(捜査事情通)

 なんでも犯行に使った体液は、職場でこっそり“発射”して準備していたというからキモイが、それにしても、なぜ、この手の体液ぶっかけ男は後を絶たないのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  5. 5

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  6. 6

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  7. 7

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  8. 8

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

  9. 9

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

  10. 10

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

もっと見る